レディースローン審査申し込み時にチェックすること

レディースローンやキャッシングなど金融商品を利用する際には、申込みをしてその審査に通らなければなりません。多くの方がハードルを高く感じる部分ですが、実はたった数ヶ所について確認をしておくだけで、審査に難なく通るようになるのです。

119510

そこで今回は、レディースローンの審査時に意識したい項目についてご紹介致します。

■審査時に見ておきたいポイントとは■

申込みに必要な書類は身分証明書だけとなり、借入額によっては収入証明書が必要になるなど最大でも2通の書類を用意すれば良いということになります。申込みはとても手軽なレディースローンですが、審査を確実に通りやすいものにするためには、自分の今の状況をきちんと把握しておく必要があるのです。

 

【自分の状況書き出し項目】

  • レディースローンの使い道を明確にておく
  • 月の支払額と完済までの月日を逆算して計算する
  • 以前に借入経験がある場合にはその期間とその時に起こった問題を書く

 

他のローンやキャッシングでもそうですが、目的の明確化というのは必須要件です。ローン自体は、借入限度額以内であれば何度でも繰り返し利用することが出来ますが、一つの目的以外に少額を繰り返し借入していると、完済するまでにとても多くの時間を費やします。その時間に比例して金利部分の金額が増え、返済総額が増えてしまうということになるのです。次の月々における支払額と、完済までにかかる月日という部分にかかってくる内容なので一緒にご紹介しますが、完済するためには目的を一つに絞るということがとても大切になります。その目的をクリアしてから他の目的にシフトするということは良いですが、一度設定して融資を受けたその目的をクリアせず、新しく目的を設定してレディースローンを利用するのはおすすめ出来ません。完済までの月日というものは、短ければ短い程良いのです。しっかり自分が完済するまで返済をしていくためには、その月日の逆算をするということがとても大事なのです。
最後に過去に借入をしたことがあるという方についてですが、借入の経験がない方はそのまま気にせずにいて構いません。そして過去に融資を受けた際に、何の問題もなく返済をし終えたという方も気にしなくて大丈夫です。しかしその借入で何かしらの不具合を出してしまったという方は、その問題について申込みの際に伝える必要があります。

■レディースローンなら気兼ねなく申込み可能■

101586

過去に借入をした際の問題というのは、返済を滞らせてしまったという場合や自己破産など債務整理をしたという場合についてです。その場合は過去に融資を受けた金額と、返済を滞らせた・債務整理をした理由についてきちんと明確にしましょう。レディースローンは過去に借入をしたという方でも申込みが可能ですが、問題を起こした場合でも確実に審査に通るためには、自分から過去の問題について申し出るということが重要になるのです。

女性専用のレディースローンやキャッシングを利用して融資を受けられるよう、審査に通るために正々堂々と真実を伝えるように心掛けましょう

■レディースローンの借り入れ目的は審査に影響しない■

レディースローンの利用目的が審査に影響すると思っている人もいますが、借り入れ目的を気にする必要はありません。
レディースローンを利用する人の多くが、「レジャー目的」などです。
「遊ぶ金欲しさ」「買い物目的」での借り入れだったとしても、なんら引け目を感じる必要はないのです。
申し込むレディースローンによっては、レディースローンの借り入れ目的を質問されることがあります。ですが、そこでは正直に応えてください。何も詳細な借り入れ目的を説明刷る必要もありません。大まかな目的でいいのです。

消費者金融は返済能力を知りたい

審査において重要なのは、その人がお金を借り入れる目的ではありません。
そのお金をきちんと返してくれるのか。そして、そのお金を返す能力をしっかり持っているのかという「返済能力」を知りたいのです。
よほど変なことにお金を使わければ、そのお金を返してくれさえすれば、消費者金融としては満足なのです。

■コールセンターの社員に相談して■

レディースローンの最大のメリットこそ、「電話で対応してくれるのが、100%女性である」ということです。
男性相手に相談や質問し辛いことでも、同性の女性になら気兼ねなく相談できる…なんて人も多いのではないでしょうか。
対応してくれる女性に「自分が審査で不安な点がある」ことや、「借り入れや返済に関して不安な気持ちを抱いている」ことを正直に話してみましょう。
きっと、一つ一つ丁寧に、キャッシング利用に不安を抱えているあなたの疑問に応えてくれるはずです。

■レディースローンの審査に通るのはどんな女性?■

レディースローンの審査に通るのはどんな女性なのか。そんな審査に強い女性像を理解しておけば、これから審査を受ける場合にその成功像に近づければ良いのです。

申し込み情報に嘘がない

バレないと思い、レディースローンの申し込み情報で嘘をつく人も多いですが、これはNGです。審査する側は過去多くの人を審査してきたいわば審査のプロです。

不自然な収入や勤続年数や勤続形態の嘘は簡単にバレます。特にバレやすいのが「他社借り入れ情報」です。他社借り入れ情報は、信用情報を取り寄せることで簡単に割り出せます。ここで嘘をついてもなんの意味もないのです。

嘘をついて審査に有利な情報を作るのは難しいですしリスキーです。正直な情報で申し込みを行ってください。

信用情報がクリーン

レディースローンの審査で重要な、「キャッシング利用状況」「キャッシング利用履歴」などが集まっている「信用情報」。この信用情報に、審査に不利になる記録が少なければ少ないほど、審査に通りやすくなります。

一度「返済遅延」や「債務整理」の記録が残ってしまうと、記録が消えるまで何年もかかってしまいます。なるべく返済遅延など不利な記録を残さない努力をしましょう。

クレジットカード利用中に金融トラブルを起こしていない

クレジットカードの利用記録も信用情報に残ります。

なるべく審査に強い信用情報を作るためには、クレジットカード利用中もトラブルを起こさない努力を怠らないようにしましょう。

年収が少ないとしても収入が一定

レディースローンの審査ではやはり「年収」も重要な審査基準です。

レディースローンの審査では、高い金額の年収は確かに有利ですが、それより重要なポイントがあります。それは「収入の安定性」です。いくら高い収入でも、その収入が毎月不定期なら審査に有利な収入形態とは言えません。審査に有利なのは、毎月一定額手に入る収入がある女性です。

■レディースローン審査通過率を上げる審査対策■

目星をつけたレディースローンの審査通過率を上げる、「審査対策」があります。工夫次第で、キャッシングの審査にて好印象を受けるための工夫があるのです。可能なら一つでも多くの審査対策を行って、審査通過できる確率を上げましょう。

復数のレディースローン同時申し込みは避ける

意外と多いのが、「復数のレディースローンへ同時に申し込んでしまう」というものです。申込情報は、すべて信用情報に記録されてしまいます。
一度に復数のレディースローンへ申し込んでいると、その「申込記録」を見た消費者金融や銀行から「お金に困っている」と判断されてしまうため、審査に落ちやすくなってしまいます。
レディースローンへ申し込むときには、狙いすました一社か二社への申込を行いましょう。

他社借入件数、他社借入金額を減らす

キャッシング審査において、「他社借入状況」は重要です。他社借り入れが多ければ多いほど、「返済能力が低い」と思われてしまうので、審査に落ちやすくなってしまいます。
どうしても利用したいレディースローンがあるなら、他社から借りているお金を多少無理してでも、「繰り上げ返済」を行って借入状況を良いものにしておきましょう。

先にお試し審査を受けておく

消費者金融や銀行の公式ホームページ上にある「お試し審査」を受けておけば、自分の状況で審査に通るか落ちるか、目安をつかむ事ができます。
「レディースローンに特化したお試し審査」はありませんが、他の消費者金融カードローンのお試し審査でも、十分その役目を真っ当してくれるはず。

プロミスのお試し審査

お試し審査のイメージをつけやすくするために、試しに一社の実際の「お試し審査」画面を載せておきます。レディースローンも運用している「プロミス」のお試し審査画面です。

「他社借り入れ金額」を入力する欄があることからも、「他社借入状況」が審査において重要であることが見て取れると思います。

■レディースローン審査まとめ■

レディースローンの審査基準は、そのレディースローンを運営する消費者金融などによってまちまちです。

ですが、レディースローンの審査に通過しやすくする「審査対策」は、どこも共通しています。
必要書類はしっかり準備する、申込情報は正確に、お試し審査で審査基準を掴んでおくなど、実際に申し込む前にもできることは多いです。